麻疹(はしか)

 

 麻疹ウイルスによって起こる全身感染症です。麻疹ウイルスの感染経路は、空気感染のほか、飛沫感染、接触感染など様々な経路で感染し、感染力が大変強い病気です。生後6か月頃からかかり、年長児や大人でも、麻疹に未感染の人やワクチン未接種の人、ワクチン1回接種のみで麻疹免疫が不十分な人はかかることがあります。

【症状】
 感染して10日間前後の潜伏期の後に、発熱と咳、鼻水、目やになど風邪と似た症状が出ます。発熱3~4日目に口の中(頬粘膜)に「コプリック斑」と呼ばれる白いブツブツがみられ、体に赤い発しんが出ます。高熱は計7日間ほど続きます。その後、体の皮膚に発疹のあと(色素沈着) を残して解熱します。熱が下がっても、3日経つまでは登園、登校ができません。麻疹は、年齢にかかわらず重症になることがあり、特に妊娠中は大きな問題になります。

 合併症として肺炎、中耳炎を合併しやすく、患者1000人に1人の割合で脳炎が発症すると言われています。2001年の流行の時には、約30万人がかかり、80名前後が死亡したと推定されています。また、麻疹にかかって数年してから、亜急性硬化性全脳炎(SSPE)と呼ばれる神経難病にかかることもあります。これは知能の障害とけいれんがおこる進行性の病気で、残念ながら根本的な治療法はありません。

【治療・予防】
 麻疹そのものに有効な抗ウイルス薬はありません。このため、予防接種が重要になり、MRワクチン(麻しん風しん混合生ワクチン)で予防します。ワクチンを接種しておけば、かかったとしても重症になることは少なくなります。さらに期間を空けて2回接種すればかかる可能性は極めて低くなります。定期接種では1歳台に1回と小学校入字前に1回の計2回)ワクチン接種を受けます。

 大人でもかかるので、保護者の方がワクチンを受けていないときには必ずワクチン接種を受けてください。幼児期に1回接種を受けただけで2回目の接種を受けていないようでしたら、大人の方もぜひ2回目を受けてください。

 麻疹は毎年春から初夏にかけて流行が見られていました。2007~2008年に10~20代を中心に流行がみられましたが、2008年以降、5年間、中学1年相当、高校3年相当の年代に2回目の麻疹ワクチン接種を受ける機会を設けたこと、幼児期の定期ワクチン接種を徹底させたことで、その後10~20代の患者数は激減しました。2010年11月以降での麻疹患者のウイルスは海外由来型のみであり、従来から国内にある遺伝子型は見られていません。

 2015年3月27日、世界保健機関西太平洋地域事務局により、日本が麻疹の排除状態にあることが認定されました。しかし、海外ではなお流行の続いている地域があり、現在でも海外からの輸入麻疹が国内に入って流行する危険性があるため、予防接種の徹底が望まれます。


 

一般外来受付:午前 9:00~12:00 午後17:30~20:00(土曜午後、日、祝は休診) 
※特別外来、ワクチン外来、その他詳細はこちら