舌下免疫療法

スギ花粉症やダニアレルギー性鼻炎の治療法のひとつに、アレルゲン免疫療法があります。
アレルゲン免疫療法は、アレルギーの原因である「アレルゲン」を少量から投与することで、体をアレルゲンに慣らし、アレルギー症状を和らげる治療法です。

アレルゲン免疫療法は以前から行われている治療法ですが、これまでは主にアレルゲンを含む薬を皮下に注射する「皮下免疫療法」が行われていました。
この治療法は一定の間隔で医療機関に来院して皮下注射が行なわれる方法で、有効性が認められ現在も実施している医療機関はありますが、お子さんでは注射に対する恐怖心などのために継続が困難なこともありました。
しかし、近年、治療薬を舌の下に投与する「舌下免疫療法」が登場しました。
舌下免疫療法は、アレルゲンが配合された治療薬を「舌の下」にしばらく含んでから飲み込んで、毎日少しずつ免疫をつくっていく免疫療法で、投与時の痛みはなく、初回以外は自宅で服用できるようになりました。

診療の流れとしては、舌下免疫療法を行う前に、スギ花粉症またはダニアレルギーの確定のために問診や血液検査などを行います。
これらのアレルギーが確定した後に舌下免疫療法を開始します。

投与方法は、治療薬を舌の下に置き、おくすりごとに定められた時間保持したあと、飲み込みます。
その後5分間はうがい・飲食を控えます。1日1回、少量の治療薬から服用をはじめ、1‐2週後に決められた一定量に増量し、著変なければ数年間にわたり継続して毎日服用します。
初めての服用は、医療機関で医師の監督のもとで行い、2日目からは自宅で服用します。

治療期間は3~5年間続ける必要があり、根気のいる治療になります。
治療の開始時期は、スギ花粉症の治療の場合はスギ花粉が飛んでいない6~12月に開始となります。
ダニアレルギーの場合は、いつでも構いません。
また、開始時期をずらせば、スギとダニの治療を併用することも可能です。

スギ花粉症またはダニアレルギー性鼻炎と確定診断された患者さんで、成人や、5歳以上でお薬を舌下で保持できるお子さんが保険診療の適応になります。
舌下免疫療法が受けられない方は、対象のアレルギー(スギ花粉症、ダニ)ではない方、妊娠中や近いうちに妊娠希望の方、重症な喘息、悪性腫瘍(がん)や免疫系の病気のある方などです。
また、高血圧でベータブロッカーという薬を内服している方は他の薬に変更する必要があります。

舌下免疫療法はすべての患者さんに効果が期待できるわけではありません。
お薬の販売前の治験では、2割の方が完治し6割の方に症状の改善が見られ、2割の方には効果がありませんでした。
副作用としては、呼吸困難、ショック症状のような重篤なアレルギー反応は極めてまれといわれていますが、可能性は0ではありません。口の中の腫れ、のどや耳のかゆみ、頭痛などの症状はしばしばありますが、ほとんどの方で服用を続けているうちに軽くなっていきます。また、抗アレルギー薬との併用がこれらの副作用を和らげてくれることがあります。

当院でも舌下免疫療法に対応していますので、治療をお考えの方はご相談ください。

一般外来受付:午前 9:00~12:00 午後17:30~20:00(土曜午後、日、祝は休診) 
※特別外来、ワクチン外来、その他詳細はこちら